参議院議員と衆議院議員の被選挙権の違い

選挙の行使の機会を逃さないために

国民を代表する政治家に対して、直接自分の意見をぶつけることができる貴重な機会のひとつが選挙です。しかし、海外に住んでいる場合など、様々な事情で選挙期日に投票所に行けないという方もいらっしゃいます。そういう人達をフォローするために、様々な投票制度が用意されています。期日前投票制度もその一つで、選挙期日に仕事や様々な事情により投票所に向かえない人を対象に設けられたものです。選挙は基本的に、投票日に投票所において投票することが基本原則となっていますが、期日前投票制度は、この投票日の前であっても、選挙期日と全く同じ方法で投票を行うことができる制度です。

それぞれの市区町村に設けられた「期日前投票所」にて、午前8時半から午後8時の間、投票を行うことができます。投票期間は、原則として、選挙期日の公示日かあるいは告示日の翌日から選挙期日の前日までとなっています。ただし、この期日前投票所が市区町村の様々な場所に複数設けられるような時には、それぞれの期日前投票所において期間や時間が違ってくることがあるので、必ずご自分の地域の市区町村に確認をするようにしておいてください。また当然ながら、この期日前投票制度の対象となのは、選挙人名簿登録地の市区町村で行う投票となります。