参議院議員と衆議院議員の被選挙権の違い

公職選挙法の存在意義と買収行為の定義について

選挙において公平な投票にする為に公職選挙法は存在します。野球やサッカーのようなスポーツにおいて明確なルールが存在する事と同様に選挙にいおいてもルールがなければいけません。物事を行う事に対して、平等でなければ勝てば官軍、負ければ賊軍というように勝つためにはどのような手段でも平気で行うようになれば投票する側の意欲を、同時に選挙に立候補する人物においても平等でなければ、一方的な選挙を行われ両者のモチベーションを削って逆に有利になる要因である金銭を多く所持する人物においては有利なように社会を形成する事ができてしまい、このスパイラルが資本主義社会へと変化させてしまう事になります。そのような行動を守る事が公職選挙法の存在する意義です。

公職選挙法においてやってはいけない事は多いですが、その中でも特に大きいのが買収行為にあたる物です。買収行為は金銭の有無を有利性要因へと変化させる事ができ、選挙の平等性を著しく欠けさせる行為となります。買収行為においては買収対象が金銭或いは利益価値のある物を対価として投票する事をする行為が買収行為にあたります。選挙において有利にはなりますが公職選挙法の存在は違反行為に対して無効化させる効力を持ち、効果として現れる一番の要因であるからです。