参議院議員と衆議院議員の被選挙権の違い

選挙は、民主主義からの多数決で決める方法でもあります

選挙には、国政選挙や地方選挙だけでなく、一般的な自治会等でも行われます。ですから見近な選挙のシステムです。その歴史は日本や世界でもお金持ちだけが行う、投票権からの制限選挙があったのです。それから男性だけの選挙に変わって、女性の選挙権がもらえる普通選挙へ変化した歴史があります。これも日本国憲法によって定められた人間は、法の上での平等から来ています。その選挙の年齢や方法等の詳細も決められているのです。また直接選挙と間接選挙があります。これは、米国の大統選挙は間接選挙で、選挙する人を国民が決めてからその代表者が投票するシステムです。それは衆議院選挙の場合には、国民が直接行う投票から決めますので、直接選挙になります。

この様に選挙にも歴史やシステムがあります。しかし多数決で行う選挙には、少数派のマイノリティの声が届かないシステムでもあるデメリットがあります。それでも一人一人の投票から行われる民主主義の鉄則です。これは、平等のあり方から多様な方法があります。それは選挙は、法律で守られる秘密選挙の特徴があります。この秘密選挙とは、誰に投票を行ったかを非公開になる事です。また公開選挙や強制選挙等の種類があります。これによって選挙は、民主主義から平等に行われる多数決の精神から生まれています。