参議院議員と衆議院議員の被選挙権の違い

選挙についての記事作成

選挙は、地方公共団体などの組織や団体、集団のトップ(首長、長/都道府県知事、市町村長)、立法機関の代議員など、公職に就く者を選出するために行われる行為のことです。日本では主に、地方議員や国会議員、つまり政治家を選出する為の政治的な投票を指すようです。地方議員の選出なら地方選挙、国会議員を選出するなら国政選挙と言います。

日本国憲法によって、日本国籍を持ち満二十歳以上なら平等にだれでも投票に参加することが保障されています。これを参政権、公民権、市民権と言います。これらの権利を有する人を有権者と言います。有権者は、性別、人種、財産、身分、信条によって差別されることなく参加できます。誰がどの候補者に投票したかという秘密は必ず守られます。当選者にも明かされることはありません。二十歳以上の参加権、非差別、秘密投票は三原則と言います。

幾つか種別があります。「普通」二十歳以上の人が参加出来る。「平等」一人一票、一票の価値は平等。「直接」有権者がトップを直接選ぶ(日本ではこの制度を導入している)。「間接」有権者が自分の代わりに投票してくれる人を選ぶ。「秘密」投票に関する秘密保持。「公開」有権者が前以て署名しておき投票する。「強制」投票を義務化した制度。「自由」投票するかどうか有権者が決められる。幾つか分類があります。一般有権者の投票は「公選」、政府が代表者を選ぶ「官選」、一部関係者だけが投票できる「互選」(日本の内閣総理大臣はこの方式で選出する)があります。