参議院議員と衆議院議員の被選挙権の違い

近代の我が国の選挙権

我が国の現行法では、選挙権は20歳以上の男女全てに与えられます。言い換えれば、20歳になれば誰でも投票会場へ行って議員の候補になっている人に投票することができるというわけです。ところが、近代から太平洋戦争まででのその権利は今とかなり違っています。

初めて我が国で議員の選挙が行なわれたのは1890年ごろですが、その当時、投票する権利が与えられたのは一定の税金を支払っている25歳以上の男性に限られていました。税金の額も決して安いものではなく、投票する権利が得られたのは当時の人口の1パーセントぐらいしかいませんでした。要するにお金持ちの人の特権だったというわけなのです。時代が流れていくにつれて税金の額が引き下げられ、1925年には25歳以上の男性全てに投票権が与えられるようになりました。ただし、女性は依然として投票権が得られないままでした。

太平洋戦争が終わって、ようやく女性にも選挙権が与えられるようになりました。立候補する権利も与えられたので、女性議員がいっぱい登場するようになりました。戦後になって初めて得られたことを考えると、世界の国々と比べて、女性の投票権の歴史はまだまだ浅いという気がします。