参議院議員と衆議院議員の被選挙権の違い

選挙制度に関する問題とは

選挙は個人の意見を表明する一つの方法ですが、その選挙制度も社会の変化について来れず様々な問題が生じてきたと言われています。その中でも最も大きい問題点の一つが地域における不公平の問題です。また、新たに選挙年齢の格下げを行おうとする動きもあるのです。一体今、選挙を巡る事情はどうなっているのでしょうか。

まず押さえておきたいのが一票の格差の問題です。これは地域によって一人の持つ一票のちからが薄まってしまうことで、民主主義の骨幹を破壊することだとして大変危惧されています。様々な解決策や提案がなされてきましたが、今日のような複雑な選挙制度を作った与党が及び腰であるために全く問題は解決していないのです。特に地方でこういった問題は深刻ですから、子供が地方に就職する、地方に転勤になるといった時には注意しなければいけない問題なのです。

また、選挙年齢の議論も闘わされているところです。これには選挙年齢を下げることで、与党の勢力をより盤石にするという思惑があるようですが、国民からの理解は余り得られていません。とはいえ、この低年齢化は世界共通のことですので、家族で話し合ってみるというのもよいでしょう。いずれにせよ選挙制度は重要な事柄であることに変わりないのです。