参議院議員と衆議院議員の被選挙権の違い

選挙を管理する機関について

民主主義においては、私たち一人一人の意思が、選挙において的確に政治に反映されるよう、公正に行われるよう厳重に管理する必要があります。そのために様々な選挙管理機関が設置されています。総務省の附属機関である中央選挙管理委員会においては、衆参議院選挙における比例代表選挙に関する事務と、衆議院選挙の際に同時に実行される最高裁判所裁判官にの国民審査に関する事務等も管理しています。また都道府県や市区町村の選挙管理委員会に対して、これらの事務について助言・勧告するのも大切な仕事も併せて行っています。この中央選挙管理委員会の委員の人数は五名、その任期は三年となっています。選挙管理委員は、国会議員以外の人から選ばれます。選び方については、参議院議員の被選挙権を持つ人の中から国会が指名し、内閣総理大臣によって任命さるようになっています。

この他にも都道府県の選挙管理委員会や市区町村の選挙管理委員会も存在しており、それぞれ委員の数は四人で、その任期は四年となっています。各委員は、選挙権を持っている人の中から選ばれます。人格が高潔で、政治及び選挙に対して公正な識見を持つ人の中から、議会による選挙で選出されます。そして各選挙においては、開票管理者からの開票結果を確認し、当選人を決定する選挙会が設置されます。