参議院議員と衆議院議員の被選挙権の違い

選挙は国政と地方の代表を投票のシステムで決めます

選挙と言うと一般的な意味としては、参議院選挙や衆議院選挙の様に国の代表を決める為の国政選挙を行います。それは、国民の代表を決める事です。それによって、国の法案や国策等の重要な決まり事を決めます。ですから国の運命を決める重要な決め事です。それは公的な施設で投票と言う、一人一人の投票制度から行います。その投票のシステムは、送られてきた投票権の紙を渡してから投票用紙を貰うのです。それによって、希望の議員候補者を選ぶシステムです。通常は、議員の氏名を記載する事から選ぶのです。それは大変に公平選挙であるべきです。ですから選挙汚職や選挙違法等の刑罰の罰則もあります。

その選挙形態は、常に多数決で勝敗を決めます。ですから投票数を獲得した党や立候補者が当選を行うのです。その選挙を行う期間等の規定は、日本国憲法の法律によって定められています。また地方議員や都道府県知事を決めるには、地方選挙を行います。それから地域の代表者として、多様な決まり事を定めるのです。ですから国民には、投票権が定められていますので、権利の放棄を行わずに投票日には出かける事が大切です。それが、国の政治にかかわる事でもあります。それによって、平等な政治のあり方が出来ます。