参議院議員と衆議院議員の被選挙権の違い

日本における選挙の歴史

日本においては、日本人であれば満二十歳で誰にでも選挙権が与えられることになります。しかし現在のような選挙制度に確率されたのは、昭和20年からのことで、そこに至るまでには様々な歴史があったのです。最初に日本において選挙がおこなわれたのは明治22年のことです。ここで日本で初めての衆議院議員選挙が実施されました。当時は誰でも投票できる権利を持っていたというわけではなく、選挙権を持つものは直接国税として十五円以上を納めている男子に限るとされていたのです。これを制限選挙といいます。当時の有権者の数は、日本全体における人口比約1%程度とごく少数でした。その後、明治33年には、納める国税の額が十円以上となり、有権者の数は、人口比で約2%程度になります。

大正8年には、さらに額がさがって3円に変更されました。これによって有権者の数は、人口比約5%に増えてきましたが、まだ税金を払えない人には選挙権がありませんでした。大正14年に至って、二十五歳以上の男子が選挙権を持つようになり、また納税要件は撤廃されることになりました。ここに至ってようやく普通選挙となり、有権者の数も、人口比で約20%にまで達します。そして昭和20年になって、ようやく現在のように二十歳以上の男女みんなが選挙権を持つようになり、完全普通選挙が実現し、これが現在まで続いているという状況です。