参議院議員と衆議院議員の被選挙権の違い

選挙の時は投票に参加しよう

成人になると投票権を得る事ができます。選挙の時は指定された場所まで行って投票する事ができますが、自分自身は社会についてあまり知らないから誰を選べば良いか分からないと言ってなかなか投票に行かない人は少なくありません。日本の投票率はかなり低い事は以前から問題になっています。

しかし選挙自体は自分たちの代表者を選ぶ為に必要な事です。勿論自分自身が参加しなくても、締切を迎えれば代表者は選ばれます。しかし本当に自分のしてもらいたい事をしてくれそうな人かどうかは分かりません。なるべく住みよい社会を作る為にも、投票には行く様にしましょう。

また選挙の投票日に何かしらの用事があるという時は、期日前に投票する事もできます。これを利用すれば時間がないという人でも参加する事ができるのではないでしょうか。社会は自分たちで作り上げていくものだと言えます。だから投票する事は成人の権利であり、そして義務だともいえるでしょう。まずは無関心でいる事をやめて、選挙に目を向けてみてはいかがでしょうか。そして立候補した人たちは今までどういう事をしてきたのか、どういう事をしたいと言っているのかをよく理解し、自分たちの代表者を選ぶべきでしょう。