参議院議員と衆議院議員の被選挙権の違い

選挙によって特定の人を選ぶ

学校などにおいて、委員を選ぶことがあります。この時にまずあるのが立候補です。自分でなりたいと手を上げ、他に誰もいなければその人がなるなどがあります。人気があるいいんであれば立候補をする人も多くなるかもしれませんし、人気がない、仕事が多いいいんだと誰も立候補をしないこともあります。複数人が立候補した時に決める方法としてはじゃんけんなどになることがあります。誰かから意見を求めるのでなく、立候補した人同士で決めます。

これが生徒会の会長などとなると様子が変わります。立候補があった後、その人の中で誰がいいかを選ぶことになります。いわば学校の代表の人ですから、自分たちにも影響します。選挙が行われるのです。これは国であったり地方公共団体などでも行われます。国会議員、地方公共団体の議会の議員、市長や知事などを選ぶときに行われる方法です。立候補している人の中で、自分が選びたい人の名前を書いて投票することになります。適当に選んでしまうと、国政や市政などが自分の思うようにいかないこともあります。ですから選ぶときにはより自分の考えに近い人を選ばないといけません。後からあの人のほうが良かった、あの人はいけないと言っても遅いのです。